水換えとオフ会

b0304573_1895755.jpg


水換えはいつもこの1Lの計量カップ(ダ○ソー産)で行っております。

計量カップで水汲んで、トイレに捨てて、 を5〜10回くらい。気分によって。

ビビパラの子株を切って、残骸をピンセットでとって捨てて、リシアとか水草の残骸も浮いてたらそれもピンセットで取って捨てる。


今日は気分がいいからガラス管も洗っちゃおうかな。
b0304573_1895838.jpg

b0304573_1895952.jpg


結構な茶色になってます。

b0304573_1895915.jpg

前に買ったよって言っておいて全くブログに出てこなかったスプリングウォッシャー。
13mm用のスプリングウォッシャーなのですが、18mmのガラスU字管でも結構大丈夫。
b0304573_1810042.jpg


これすごく曲がりやすくていいです。
しかし、ガラスと金属が擦れる音が苦手な人はダメかも。あと意外と毛が硬いのでアクリルとかだと細かい傷入っちゃうかも。やったことないのでわかりませんが。
b0304573_18103178.jpg


メタルOリングストレーナー。
目詰まりしやすくて、一週間に一回くらいで指でやさしく擦ってゴミを取る。

b0304573_18103039.jpg


で、一丁上がり。

次はリリィちゃんだ。

リリィちゃんは取り外しめんどくさいし、割ってしまうのが怖い。

まずはリリィちゃんのリリィ部分をメラミンスポンジでやさしく擦ってあげる。

スプリングウォッシャーの先端を濡らして、
b0304573_18103192.jpg

そのままインする。
b0304573_18103243.jpg


取り外しのめんどくささがないし、割れる心配もないので非常にいいのだが、
再始動の際に汚れがすべて水槽内にバラまかれるという諸刃の刃。

素人にはおすすめできない。



再始動するときは、
b0304573_18103351.jpg

このようにU字管に水を満たして、片側にゴム栓、もう片側は指で押さえながら元の位置へセットし、水槽側にOリングストレーナーをつける。×2

で、ポンプ再始動。
案の定、汚れがすべて水槽内にバラまかれるが、バクテリアもたくさんついてるだろうし、あんま気にしないことにする。

バケツに大体水槽と同じくらいの温度(適当)の水を汲んできて、
b0304573_18103357.jpg

エーハイム4in1適量、begreen5mlくらい、メネデール適量を気分で入れて計量カップでゆっくり注水。

b0304573_18103478.jpg

綺麗になりました。

上から
b0304573_18103674.jpg

グロッソ少しづつ増えてきたけどまだまだだなあ。リシアこんもりしすぎ。


土曜日にオフ会も行ってきました。
b0304573_18103663.jpg

b0304573_18103740.jpg

左がげいるさん、右がハニさん
ぐっさんは私の左隣に。

店の名前がドラゴンボウル。
ブログネタになるような店をチョイスするハニさん、さすがプロブロガーやで、、、

ちなみにメニューに仙豆などはなく普通の美味しい中華でした。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ




水槽の水に濡れたハサミの匂いを嗅いだら登別温泉と同じ匂いがしました。
みんなも嗅いでみて!!
[PR]
by marty_matsufly | 2014-02-18 18:15 | 雑記
<< ラスボラ・アクセルロディネオンブルー エレオカリス・ビビパラ >>